about

the Orii Shoehorn
(ザ オリイ シューホーン)

富山県高岡市の伝統工芸士の技術と
石川県金沢市の靴磨き職人の想い
そして両者と協業を進めるスーツ屋の
コラボレーションによって生まれた
『唯一無二の靴ベラ』


◼︎なぜ靴ベラなのか
第2の心臓とも呼ばれる足。
靴ベラは、靴を守り、靴をはきやすくし、所作をスマートにするアイテムです。
 
靴のかかとには月型芯という、かかとのホールドを高め、靴の形状を保つ役割を担うパーツがあります。
かかとを踏みつけるように靴を履いてしまうと、踵の内側の巻き込みがシワになり、月型芯の形状が崩れてしまいます。
 
こうした靴の構造を崩すことは、足への健康被害にも繋がります。
 
 


◼︎靴との付き合い方

原料の限界がある中で履き捨てられていく革靴の数を、少しでも減らしたい。
いち靴好きの想いが「靴磨き」という事業を続けていく理由の一つでもあります。

靴を長く大切に履いていくために必要なことの一つとして、シューホーン(靴ベラ)を使って靴を履くことが挙げられます。

ところが、それはあまり一般的に重要視されていないと感じています。
靴の脱ぎ履きの機会が多い日本では、面倒だと感じる人も少なくないと思います。

ある時
「これまでにない、持っていて自慢したくなるような靴ベラがあれば愛着が湧き、持ちたいと思う人が増えるのではないか。今まで使わなかった人も使う機会が増え、その結果、靴との付き合い方もサスティナブルなものになるはずだ!」
 
そう考えた時、眺めていたのは「真鍮製」の靴ベラでした。


◼︎折井宏司氏との出会い

金沢靴磨き 相賀善博は、オーダースーツ店“the measuring order salon”を活動拠点にしています。
 
サロンを運営する株式会社 DEN planningを通じて、モメンタムファクトリー・Oriiと出会い、独自技法の存在を知りました。
それは、鋳造品でしか表せなかった鮮やかな色彩発光を、1mm以下の薄い銅板で成功させた、職人の手とイマジネーションが生んだ技術でした。
 
世界で活躍する技術と、挑戦し続ける折井宏司氏の姿勢に感銘を受け、銅や真鍮さえあれば建材やクラフト、アクセサリーなど唯一無二の色を生み出す職人のカッコよさに魅了されました。


◼︎北陸発の新しいお洒落文化

「真鍮への着色技法」と「持ちたい靴ベラ」がリンクするきっかけを生み出したのは、"服を売らない服屋" the measuring order salonのオーナーで、株式会社 DEN planning代表取締役の藤田伸朗氏。
北陸(金沢・富山)を拠点に、オーダースーツを通じて「新しいお洒落文化創造」を掲げる藤田氏に協力を仰ぎ、構想を実現することができました。

金沢、富山・高岡のコラボレーションにより生まれた the Orii Shoehorn は北陸から発信する、これまでにない唯一無二のアイテムです。
あなたに大切なアイテムの一つにいかがですか。


金沢靴磨き 相賀善博
 
 
 
 
【商品について】
 
◼︎the Orii Shoehornの特徴

〇販売

・当ECサイトのみでの限定販売です。


〇素材・仕様

真鍮製

全長:約96mm
幅(最大):約37mm
厚み:約2mm

Made In Japan

・真鍮の素材をベース制作しており、長く使っていくことで着色が擦れ、奥からゴールドが現れる独特の経年変化を楽しめます。

・既存のOriiプロダクトの中でも特別仕様となる、こだわりの両面着色を施しており、高級感があります。

・色は5色展開。
モメンタムファクトリー・Orii独自の着色伝統技からこだわってセレクトした5色です。


〇使用感

・反りが無く薄く、バッグやポケットにスッキリ収まりすぐに取り出すことができます。

・丸カン付きでキーホルダーとしても使用できます。
 

〇使い方はさまざま

・靴ベラ、キーホルダー、ギフト等にもご使用いただけます。

・一点ずつ化粧箱入りでお送りいたしますので、ギフトにもお使いいただけます。


【各リンク】
●momentum factory orii
(モメンタム ファクトリー オリイ)
https://www.mf-orii.co.jp

●the measuring order salon
(ザ メジャーリング オーダー サロン)
https://www.theordersalon.com
●金沢靴磨き-Symphonik Wolfe-
(シンフォニック ウルフ)
https://aiga.xyz/home/